普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

ダイエット

正月太りを解消するムリなく効果的なダイエット方法

更新日:

スポンサーリンク

年末年始は、いつも 美味しい物が身近にあり
ダラダラと食べ過ぎてしまいがちです。
その上、普段と比べ体も動かしません。

お正月が終わった頃に気が付けば
体重が増えていたと言う人も少なくないはずです。

そこで、正月太りを解消するのに、
ムリなく効果的にダイエットができる方法として
3日間で行うプチ断食がお勧めです。

スポンサーリンク


正月太りを解消するプチ断食の日数は三日間

3日間で 平均2kg程度 体重を減らし
年末年始で疲れた内臓を休ませて、
乱れた食生活をリセットするのにも効果的です。

プチ断食は、準備である減食日・断食当日・回復日の
三日間で行えるので、金曜日から行えば
月曜日には普通の食事に戻すことができます。

「プチ」とはいえ、断食中は食事を摂らないので、
日常生活と両立するのは難しいかもしれません。
週末の3日間を利用して行うのがお勧めです。

この3日間は、外出&外食を避け、
「3日間で体をリフレッシュする!」という気持ちで
挑戦しましょう。

正月太りを解消するプチ断食の具体的なやり方

(1日目) 減食日
食事の量は、朝食はいつも通り、

昼食から徐々にプチ断食の準備に入ります。
胃に負担のかからない消化のよいメニュー(うどん、和食定食など)を選び、腹八分程度にします。

夕食はおじややスープといった軽いメニューを選び
いつもの半分くらいの量に抑えます。

この日はお酒は飲まず、水分を多めに摂ること、
夕食は寝る3時間前までにすませることが重要です。

(2日目) 断食当日
一切食事は摂らず、
激しい運動を避けてのんびりと過ごしましょう。

水のみで過ごすことが理想ですが、辛い時は
ファスティングダイエット用発酵ジュースや
手作りの野菜ジュースなどを飲むか、
ヨーグルトを食べるようにしましょう。

断食とはいえ水分補給は必須です。
1日に2リットル以上の水分を摂り
脱水には十分注意ましょう。

(3日目) 回復日
この日の朝食は、三分粥、昼食は五分粥を
ゆっくりと食べるようにします。

夕食は普段の食事に戻しても大丈夫ですが、
消化にいいものにし、量は控えめが大切です。

正月太りを解消するプチ断食の注意点

一番大事なのは、決して無理をしないことです!

タバコやお酒は禁止です。
生理中の女性や病気の人、薬を服用している人、
体調が優れない人は見送りましょう。

もし、途中で
体調が悪いと感じたら、直に中断しましょう。


まとめ

一時的に食べる量を制限したりストップすることで、
内臓機能が一時的に休むので、老廃物が排出しやすくなるなど
体の中からクリーンになります。

断食をすると、免疫機能が強化されたり、
ストレスに強くなったり、
ある種のリラックス感を得ることが
科学的な研究でも報告されています。

お正月の雰囲気につられて
ダラダラ食べないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

-ダイエット
-,

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.