当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

西日本大濠花火大会は終了│ 2,019年以降は実施が難しい

大濠花火大会(西日本大濠花火大会)は、
毎年、8月 1日 午後 8時 ~ 9時 30分 (荒天時は翌日に順延)
大濠公園(福岡市中央区)にて西日本新聞社の主催で開催されていました。

花火の打上げ数は、約6,000発で
約45万人もの人手でにぎわいでした。

毎年、福岡の夏の風物詩として親しまれて来ましたが、現場の混雑や事故を懸念する数々の指摘、安全対策の限界といった事情から、「2,019年以降は実施が難しい」と大会の終了の発表がありました。
 
 

1950年に戦後復興の実感を感じて頂き、
犠牲になった方の鎮魂の祈りを込めて、
西日本新聞社が開催したのが初まりでした。

大濠公園の池に浮かぶ三つの島から打上がるので、
周囲 360度、どこからでも観賞することができ
池の水面に映し出される花火の美しさは大濠公園ならではでした。

市街地で打上げるため、大玉はないかったのですが、
打上げ場所から約200mの至近距離で
ドォーンと体に響く大迫力を楽しむことができました。

残念で、何か、寂しい気持ちです。
復活を望みます。

以下は、西日本大濠花火大会を楽しむために調べた記事ですが、復活を期待して残しておきます。

西日本大濠花火大会はどこで見るといい?

風下では煙で花火が見えにくくなります。
風の向きを考慮に入れて風上で見る方がいいでしょう。

大迫力と雰囲気を楽しみたい方は人混みを覚悟で大濠公園内
お勧めは隣接している舞鶴公園がいいようです。
・平和台陸上競技場(有料)
・福岡城本丸址展望台

少し離れた所で
・鮮魚市場の市場会館13階の展望プラザ
・博多埠頭の博多ポートタワー
・西公園
・南公園の「植物園内展望台」と「西展望台」

人ごみが嫌なら遠方から
・愛宕神社本殿裏の展望所
・鴻巣山の上の展望台
・片江展望台(福岡市街の夜景と花火を同時に楽しめます)
・花畑園芸公園下の野球場駐車場

要予約
アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ(旧 福岡山の上ホテル)
ヒルトン福岡シーホークの大壕公園側の客室
マリエラ花火鑑賞クルーズ
レストラン MORI
レストラン 花の木

アクセス

会場周辺は交通規制(通行禁止、進入禁止など)があります。
また、公園周辺の駐車場は数が少なくすぐ満車になります。

地下鉄を利用することをオススメします。
福岡空港や博多駅、天神からだと大濠公園駅
唐津・糸島からだと唐人町駅からどちらも徒歩で約 3分。
地下鉄七隈線で六本松駅から 徒歩 10分

あると便利なもの

・レジャーシート(服が汚れないように)
・ペットボトルの飲み物(現地で買うよりコンビニとかのほうが安い)
・コンビニの袋(ゴミ袋として)
・うちわ等の暑さ対策用品

まとめ

今年は、誰と西日本大濠花火大会を見に行きますか?
一緒に行くメンバーや人数によっても場所選びは変わってきます。