普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

結婚

今さら聞けない神父と牧師の違い!チャペルにいるあの人はどっち?

投稿日:

スポンサーリンク

憧れの、おしゃれなチャペルでの結婚式。

誓いの言葉や指輪の交換など、
メインイベントの進行役として、
新郎新婦の前に立つ、あの人。

キリスト教の、というところまではわかるけど、
さて、あの人は神父さん?牧師さん?
そもそも違いってあるの?

くわしく解説していきましょう。

神父と牧師には明確な違いがあった

キリスト教には、教派があります。

教派とは、
同じ宗教の中で、教えに対する考え方が違うことで
信者たちが分裂して、その結果、生まれた分派のことです。

キリスト教の教派は、じつは覚えきれないほどあります。
大きく分けると西方教会と東方教会に二分され、
そのうち日本人に馴染みがあるのは西方教会です。

さらにその中で、神父と牧師に関係があるのは、
カトリックとプロテスタントという2つの教派です。

神父は、カトリックの聖職者。
牧師は、プロテスタントの聖職者。

同じキリスト教の教会にいる聖職者ですが、
教派が違うので、神父さんを牧師さんと呼ぶと怒られます。

そして、日本で無宗教や仏教の人を相手に
仲介人をやってくれるのは、
ほとんどがプロテスタントの牧師さんです。

なぜ?カトリックの神父さんじゃないのか、
それには教派の違いが関係しています。

スポンサーリンク


神父と牧師の具体的な違いは?

それぞれの教派の主な特徴を挙げてみます。

カトリック
・教会が派手
・十字架にイエス・キリスト
・神父になったあとは結婚できない
・トップはローマ教皇
・マリア様を崇拝する
・聖書の解釈はすべて教会が行い、信者はそれを信仰する
・旧教と呼ばれる
プロテスタント
・教会が質素
・十字架にはなにもない
・牧師は結婚できる
・偶像崇拝しない
・マリア様を崇拝しない
・聖書の言葉だけを信仰するが、細かい解釈は個人次第
・新教と呼ばれる

これだけ見てもずいぶん違いますね。

旧教・新教の言葉通り、
プロテスタントはカトリックの教えに反発して、
あとから生まれた教派です。

だから、ほぼ真逆な感じになっているんですね。

信じる教派が違うから、神父と牧師は違う、
ということが、お分かりいただけたでしょうか。

新しく生まれたプロテスタントは、
教会の教えが絶対のカトリックに比べると、
個人個人の柔軟な考えを許しています。

プロテスタントは、結婚式を宗教儀式とは考えないそうで、
だから牧師さんは他宗教の人の結婚式も手伝えるんですね。

一方、敬虔なカトリック教徒の結婚式は、
厳格な教えのもと神聖な聖堂で行われ、
神父さんが登場します。

商業目的の結婚式場やチャペルには、
神父さんは来ないのです。

チャペルの牧師さんはどこから来る?

チャペルにいる牧師さんは、
実は人材派遣会社から派遣されてくる
アルバイトの牧師さんである場合が多いようです。

カトリックには位階制度というものがあって、
司祭(神父)や司教など聖職者の階級が厳格に決まっています。
なので、アルバイトで簡単になれるものではないんですね。

チャペルに派遣されてくるのは
プロテスタントの牧師さんだけ、
ということになります。

ちなみに町の教会の牧師さんは、
週末は礼拝やその準備があるため、
個人的に他人の結婚式に出てくれることは稀です。

だから、式場と牧師さんをつなぐ仲介業があるのです。

教会にお仕えしている、
いわゆる“本物の”牧師さんが登録しているところと、
普段は英会話の講師をしているような外国人男性などが
アルバイトとして登録しているところと、
派遣会社によって様々なようです。

自分の挙式は本物の牧師さんにお願いしたい!
ということなら、業者のホームページをよく確認したり、
式場のプランナーさんに相談してみるようにしましょう。

まとめ

神父さんはカトリック、
牧師さんはプロテスタント。

教義が厳格なのがカトリック、
個人を尊重するのがプロテスタント。

チャペルにいるのは牧師さん。
本物の場合と、アルバイトの場合がある。

これで疑問は解決ですね。

日本に住んでいると宗教や教派があまり身近ではなく
わかりにくいかもしれませんが、
意識して見てみると、意外と違いがあったりします。

いつも何気なく通り過ぎる教会の外観を、
すこし観察してみませんか。

スポンサーリンク

-結婚
-

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.