普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

美容

化粧品に使用期限はある?開封後と未開封では違う?!

更新日:

スポンサーリンク

片付けをしていたら、
昔買った使いかけの化粧品を見つけた、
なんてことありますよね。

いつ買ったのか覚えてない?
製造日も使用期限も書いていない?

見た目にはキレイだし、
変な匂いもしないし、
捨てるのももったいないし、
使えそうだし、使っちゃおうかな?

でも、もし肌が荒れたりしたらどうしよう……。

そんな悩みを、さくっと解決しましょう。

化粧品に使用期限はある?

一般的に、製造日から3年が期限だとされています。

でも、化粧品に製造日がそもそも書いていないですよね。
これは法律上、3年を超えても品質を保持できるものの場合、
製造日表示の義務がないんだそうです。

つまり表示がない化粧品は、
3年以上品質を保つように作ってあるんですね。

ですが、買ってから確実に3年を超えているであろうものを
見つけたときは、もったいないですが捨ててください。

3年以上保つというのは、
未開封かつ適切な保管状態だった場合の話
で、
使い方や高温多湿で放置されていた場合では違ってきます。

スポンサーリンク


使用状況や保管状態で化粧品の使用期限は変わってくる

開封後は、半年を期限とすることが推奨されています。
空気に触れることによって化粧品が劣化するためですが、
この半年も、適切な使用と保管をしていた場合の期限です。

使い方や保管の仕方で、
さらに劣化が早まる可能性があります。

ボトルから手にとって顔に付ける化粧水のようなものや、
髪に吹き付けるスプレーなど、
手や肌に直接触れないタイプはまだいいのですが、

リップやグロスのように唇に直接塗るもの、
クリームのように容器から手ですくってとるタイプ、
化粧下地などチューブから手にとるものなど、

化粧品そのものや容器が手や肌に触れるものは、
雑菌が繁殖しやすい。
ファンデーションのスポンジなどはその代表例ですね。

ずっと同じスポンジを使い続けていると、
そのうち肌が荒れやすくなってきます。
だからスポンジ専用のクリーナーなどが売られているわけです。

マスカラやアイライナーなどは、
雑菌まみれに気づかず使うと、
目の病気になる恐れがあります。

化粧品の保管に適しているのは、
直射日光の当たらない涼しい場所です。

じゃあ冷蔵庫がいいんじゃない?と思ってしまいますが、
冷やしすぎると使用時との温度差が大きくなり、
これもまた劣化を早めます。

高温多湿のバスルームにスクラブなどを保管しているのも
理想的とは言えませんよね。

使い方や保管の仕方によって、
化粧品の劣化具合は変わってきます。

化粧品を使用期限ギリギリまで使うために

劣化を気にして、
半年も経たないうちに化粧品を買い替えるなんてムリ!

では最低でも、半年は安心して使えるようにしたいですよね。
劣化を最小限にする使い方です。

口紅は唇に直接塗るのではなく、化粧筆を使いましょう。
もちろん、筆自体も定期的に洗いましょう。

ジャータイプのクリームなどを使うときは、
専用のさじを用意し、直接 指でとらないようにします。

チューブタイプは、
垂らせるものは、容器に触れず手にとります。
直接 拭わないとダメなものは、専用のヘラを使います。

マスカラは、まだ残ってるなと思っても、
半年の期限を気にしてください。
バスルームで使用するものは、せめて脱衣所に移動させます。

もし化粧水などを冷蔵庫に保管するなら、
冷蔵庫の中に清潔を保つ必要があります。
生ものや野菜の土壌菌には十分注意してくださいね。

ドアのポケットや野菜室などは他と比べて
冷えにくいのでオススメです。

そしてすべての化粧品に言えることは、
使用後はフタをしっかり閉めて、
雑菌汚染と酸化を防ぎましょう。

これらを徹底すれば、半年を迎えるまえに
使えなくなることはないはずです。

まとめ

未開封は3年、開封後は半年を目安に処分を考えましょう。
いつ買ったか不明なものも処分します。
基準を明確にすれば、片付けもはかどりますね。

当然ですが、ここで紹介した使用期限に関係なく、
見た目からして明らかに劣化しているものは使ってはいけません。
変色や異臭、分離、変質です。

化粧品は肌に直接付けるものです。
食品や薬など口に入れるものの次に、神経を使いたいですね。

スポンサーリンク

-美容
-, ,

Copyright© よかもん情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.