普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

マナー

誰が先?仕事時のエレベーターに乗る順番と降りる順番

投稿日:

スポンサーリンク

上司や先輩、お客様など、
目上の方とエレベーターに乗るとき、
ビジネスマナーにのっとって、
スマートに立ち振る舞えたら素敵です。

エレベーターにも上座がある?
乗るときの順番は?
降りるときの注意点って?

最初は、全然わかりません。

ルールや心構えをここできちんと確認しておいて、
いつでも実践できるようにしておきましょう。
印象や評価もアップすること間違いなしです。

仕事時にエレベーターに乗る順番は?

基本は、
自分が目上の方をご案内する立場だと考えて、
エレベーターに最初に乗り込みます。

そして、
ボタンの前に立ち、
開のボタンを押して、
ドアを手で押さえて、
「どうぞ」と促し、
目上の方が乗るのを待ちます。

エレベーターにおける上座は奥です。
全員乗るまでに、降りる階のボタンを押します。

ドアを閉めるとき、
不格好に閉のボタンを連打なんて
しないでくださいね。

基本は、と書きましたが、
マナーとは心遣い、
気遣いで相手が気持ちよく過ごせるように、
という目的があります。

その時々の状況によって、
優先すべきことが変わってくるのがマナーです。

たとえば
エレベーター内に先客が大勢いた場合、
ボタンの前にすでに人が立っていた場合など


無理やり一番に乗り込んだり、
割り込んだりしては、
迷惑になってしまうこともあります。

自分は外のボタンを押しながら
手でドアを押さえて、
目上の方に先に乗ってもらうほうが
スムーズな場合もあります。

逆に間口が狭いエレベーターでは
そんなことをすると出入り口がふさがって
邪魔になってしまいます。

自分と相手だけでなく、
周りをよく見て、想像力を働かせて、
臨機応変に対応しましょう。

エレベーター内では
静かに、なにもしない、が原則です。

携帯をいじったり大声でしゃべったりは、ダメ
また、案内する立場として、
エレベーターの壁にもたれるなんてもってのほかです。

当然ですが、
目上の方から話を振られた場合は
普通に対応してくださいね。

スポンサーリンク


仕事時にエレベーターから降りる順番は?

降りる階について、
最初に降りるのは目上の方です。
自分は開ボタンを押してドアを押さえて待機です。

はじめて来る場所にご案内している時は特に、
目上の方へ説明を添えるようにしてください。

エレベーターが止まったら
「どうぞ」と目的の階であることを告げて、
「左側でございます」
「~は右手にございます」など、
先に降りた方が戸惑ってしまわないように、
すかさずご案内できると丁寧です。

そしてこれも基本の話で、
やはり状況によって変えていく必要があります。

混雑したエレベーターで、
自分が先に降りたほうがスムーズな場合、
基本にこだわらずさっと行動しましょう。

奥にいらっしゃる目上の方に
何としても先に降りてもらおうとして、
周囲の人を押しのけてまで
自分が道をあけるのは無作法です。

自分がそれをされたら、と想像してみると、
そこまでして先に降ろされても
目上の方もきっといい気はしませんよね。

先に降りる際、
「お先に失礼します」と言えれば完璧です。

その時、目上の方に開ボタンを押してもらったなら、
必ずお礼を言いましょう。

ここまでの一連の流れをさらっとできたら、
とても好印象です。

まとめ

エレベーターに、
乗るときは自分が先、目上の方が後。
降りるときは目上の方が先、自分が後。

どちらも状況に応じて、
臨機応変に行動する必要がある。

「こんな細かいこと、だれも気にしないよ」
と思ってしまう気持ちもわかりますが、
気にする方は一定数いらっしゃいます。

マナーなんて気にしない人でも、
気遣いを感じて不快に思うことはないはずです。

覚えてしまえば簡単なマナーは、
知っていて損はしません。

相手のためのマナーで、
自分が“デキる”人になっていきます。
そう考えると、ありがたいですね。

スポンサーリンク

-マナー
-

Copyright© よかもん情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.