普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

趣味とスポーツ

泥だんごをピカピカに仕上げる作り方│とにかく丸くがポイント

更新日:

スポンサーリンク

子供のころ、砂場に座り込んで、
何十分も熱中した思い出。

両手で大事に丹精込めて、
丁寧に丁寧に、
まあるく、まあるく……。

もっと、もっと、もっと‥‥‥
きれいなピカピカにしたい!

大人も子供も、凝り始めたら止まらない、
ピカピカ泥だんごの作り方を伝授します。

調べてみると、泥だんごはとっても熱い世界でした。
子供と一緒になって、作ってみましょう!

泥だんごをピカピカにする作り方

① 砂に水を混ぜる
手でつかめるくらいの硬さの泥を作ります。
粒子の大きい砂と、粒子の小さい土の両方を使うと
あとで崩れにくくなります。
土だけで作ると
ふにゃふにゃになったり、ひび割れしたりするので
必ず、砂を入れましょう。

② 両手で泥を一掴み
あまり大きすぎると後で大変です。
泥だんごの芯になるので、適当な大きさに。

③ ぎゅっと握って水を絞る
おにぎりみたいにぎゅっと。

④ 丸くする
両手の中で転がして、まんまるにしていきます。
できるだけ丸く、球体に近づけてください。
これで泥だんごの芯の完成です。

⑤ 乾いた砂をかける
粒子が大小混ざった砂が良いです。
全体にまんべんなく、たっぷりと振りかけましょう。

⑥ 砂を払う
だんごに付着しなかった砂を払い落としつつ、
表面をまあるく なでていきます。

⑦ 球体にする
⑤⑥を繰り返しながら、
泥だんごの芯がまだ十分湿っているうちに、
凸凹をなくしていきます。

ぎゅっと握ったり、でっぱりを指で押したり、
へこみを埋めたり、とにかく球にします。

プロ(?)に言わせると、
最初の2、3分間が勝負です。

ここで完全に、凹凸のない球体にしてください。
あとで修正はできません。

⑧ 乾いた土をかける
やさしくかけて、
余分な土を指でやさしく落とします。
これをひたすら繰り返すと、
表面がなめらかに仕上がります。

きめ細かい表面を目指したければ
30分は頑張りましょう。

この工程は省いている人もいました。

⑨ 休ませる
満足いく仕上がりになったら、
乾いた布の上など柔らかい場所に置き、
必ず日陰で、自然乾燥します。

夏の晴れた日で
約1時間放置が目安だそうです。

乾燥時間はとっても重要で、
そのまま忘れてしまうと
乾燥しすぎてダメになってしまいます。

時間に余裕がないときは、密封袋に入れておけば、
また次回、続きから始めることができます。

⑩ サラ粉をかけてなでる
細かい砂で表面をコーティングします。
“だんごの皮膜”です。

砂の地面に手を当ててさすると、
手のひらが白くなりますよね。
そのときに手に付着しているのがサラ粉です。

これをだんごの表面に、
まんべんなくすり込んでいきます。

サラ粉を手に付けて、
すり込むを繰り返します。

本気を出すなら、30分~1時間ほど続けると
いい感じになるそうですよ。

⑩ 布で磨く
タオルなど適当な布でだんごを磨きます。

あんまりゴシゴシやると
ひび割れの原因になるので注意してください。

表面が光ってきたら完成!

スポンサーリンク


熱い泥だんごの世界

ついでに気になった泥だんご情報を挙げてみます。

何と泥だんご制作キットもありました。

 

夏休みの工作にもおススメです。

大人も熱中するピカピカ泥だんごですが、
まんまるのツルツルにしたあと、
好きな色にペイントして、
もはや宝石のように仕上げる猛者がたくさんいました。

光る泥だんご、というジャンルだそうで、
大人のための
泥だんごのワークショップもあるんだとか。

さらに泥だんごには協会までありました。
日本泥だんご科学協会(略称ANDS:アンズ)!
公式ホームページには
作品紹介や熱い泥だんご愛が綴られた読み物が
充実していました。

泥だんご研究家なる人も見かけました。

「光るどろだんご全国大会」も開催されていて、
2016年で9回目だったそうです。
毎年11月に本大会があるようなのですが、
今年はどうなるでしょうか?

まとめ

ここまで本格的じゃなくてもいいんだ……。
と思ってしまうくらい、
こだわりが凝縮されたピカピカ泥だんご。

子供と遊ぶときは、
適宜省略して、楽しんで作ってくださいね。
“とにかく丸く”がポイントです。

調べてみると、
オリジナルの作り方がいっぱい出てきますよ!

 

スポンサーリンク

-趣味とスポーツ
-,

Copyright© よかもん情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.