普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

違い

平等と公平の違いとは?答えを知ってスッキリ!

更新日:

スポンサーリンク

ニュースなどで、
よく平等や公平という言葉を耳にしますよ。

いろいろ難しいよなぁ…と、ニュースを見ながら思っていると、後ろでこんな兄弟げんかが始まってしまうことがあります。

「お姉ちゃんのケーキのほうが大きい!」
「いつも弟ばっかりズルいよ!」
おやおや…ここでも、平等や公正の問題が発生してます。

「ケーキ、平等に切り分けてるよ?」
「どの子にも公平にしていんだけどな…」

ベストを尽くしている親としては、悩ましいですよね。そんなわけで、平等と公平について考えてみました。

平等と公平ってどう違うの?

ある国語辞典によると…

平等:差別することなく、
   同じように扱うこと。
   
公平:判断や処理が偏ってないこと。

うーん…分かるようで分からないような…。

ある参考書にはこんな説明も。
平等は、どちらかの側をその立場ゆえに
    優遇することはしない。
    
公平は、偏りやえこひいきが見られないこと。

どう違うの?…
そんなモヤッと感が残りますね。

実は、平等には様々な側面があり、カンタンに定義できません。ケーキを切り分ける程度なら、均等に分けること=平等です。しかし、広い意味ではそうすんなりいきません。

置かれた状況は人それぞれ違うので、
その中で平等はムリがあります。

例えば、生まれた時の境遇や性別は選べません。地域社会や置かれた状況、育った環境、性格、個性、年齢など、みんなそれぞれ異なっています。双子でさえ、イコールではありません。

では、公平とは何でしょうか。
「偏った見方やえこひいきをしないこと」
つまり、物の見方と行動が関係しています。

自分が公平な見方をしてないと、公平にはできません。外見や境遇で判断するのではなく、違いを受け入れた上で、相手に対するふさわしい敬意や配慮が必要です。

平等:状況や本人の希望に関係なく、
   均等かどうかが基準
   
公平:ふさわしい敬意や配慮がなされているか、と言えそうですね。

平等と公平の違いをたとえで考えてみた

例えば…
3人の子がいるとします。みんなで食事の時間になりました。全く同じものを全く同じ量で配ります。これは、平等に思えます。

しかし、3人の状況は、一人は食物アレルギーがあり、あとの二人は健康です。全く同じものを与えるのは、平等でしょうか?

答えは、ノーです。

食べたくても食べられない子は、残念で悲しい思いをします。メニューや量は均等でも、状況や必要が違うからです。

アレルギーのある子には食べられる工夫をしたメニュー、後の二人には、通常メニューを与えたとしたら?これだと、公平でしょう。

みんなが食事を楽しむことができるからです。必要な配慮が払われ、どの子もきちんと食事を与えられました。みんなが納得し満足です。

大人同士の場合も同じことが言えます。

友人と字食事に行くとします。
「今日はワリカンね」
これは一見、平等そうですが…

私は、給料日前なので安く抑えたい。でも友人は、余裕があるので、少し豪華美味しいものを食べたい。食事が終わり、合計金額を割り勘にすると…

その後の友情にヒビが入るかもしれません。必ずしも、平等(この場合はワリカン)が良いとは限らないのです。

しかし、一人一人が別々に払うと、納得の上なので公平です。または、最初に「ワリカンね」とは言ったものの、相手が給料日前とは知らなくても、値段の差を考えれば、融通をきかせて、別の方法を取ることができるでしょう。

子どもたちへの平等と公平│違いはあってもできること

結論から言うと、状況や必要は違うので、平等はムリです。とはいえ、可能な限り公平に扱うことはできるでしょう。

(可能な限り…というのは、親もパーフェクトではないからです)

同じ兄弟でも、それぞれ異なっているので、すべての子どもを同じように扱うことはムリがあります。

どこまでも元気過ぎて手を焼く子もいれば、病気や特別な世話の必要な子だっています。違っているからこそ、それぞれに応じた扱いが必要です。

また、力があって、たくさんお手伝いできる子を優遇したり、病弱だからといってその子だけを特別扱いするとしたら、それは公平ではありません。

親自身も、かつて自分が上の子であれば、上の子の気持ちが、もし下の子だったら、下の子の気持ちが分かるので、つい、気づかないうちに誰かに感情移入してるかもしれません。

突き詰めていくと、パーフェクトな人間なんていませんから、完全な公平さも、厳密にはムリです。

しかし、その範囲内でえこひいきをしないことはできます。

家庭内のルールは一貫して守りつつも、それぞれの必要に応じた配慮をしてあげたいですね。

みんな違ってみんないい

・パーフェクトな人間はいないので、ムリなこともある。

・平等は、みんなが同じものを均等に与えられること。本人の状況、個性、体力、希望などに関係なく、一律。状況や必要は違うので困る人も出る。

・公平は、関係者それぞれに合った適切な配慮がされること。誰かが特に優遇されることなく、みんなが結果に納得できる。画一的ではない。

・平等はムリがあるが、可能な限り公平であることはできる。

そもそも物事は、シロかクロではありません。

それぞれの事情も違えば、願いも状況も個性も違います。得意なこともあれば不得意なこともあります。

違いを受け入れて、えこひいきや特別扱いをせず、それぞれに応じて必要な配慮をし、手を差し伸べる…そんな魅力的な人になりたいですよね。

公平にされると、誰しも安心するので、笑顔にもなれます。

金子みすゞの詩にある、
こんなフレーズを思い出しました。

「みんなちがってみんないい」

それを認めることが、公平にもつながってくるのかもしれません。

スポンサーリンク

-違い

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.