普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

子育てと学校 洗濯

子供の服についた臭いをとる方法!

投稿日:

スポンサーリンク

子供服の臭いが気になる・・・
子どもは色んなことをします。

赤ちゃんの頃だと、うんちを漏らしたり
ミルクを吐き戻してしまったり
大きくなって来てもご飯をこぼしたり・・・

お外で遊ぶのが楽しくなってくると泥だらけになって、色んな汚れをつけて帰ってきます。

しかも子どもは体温が高く、新陳代謝も活発な為にとっても汗っかき。

外からついた汚れだけでなく汗を大量にかいて着ている服は、段々、臭くなって来ていて気づいたら子どもとは思えないようなニオイになっていることも…!!

そんな子どもの服についてしまった臭いの解決法をご紹介します。

子共の服の汗臭いはどうやって取る?

通常のお洗濯ではなかなか落とせません。
では、どうやって落としたらいいのでしょうか。

一つ目は、ニオイの原因が、繊維の奥に潜んでいる雑菌なので、それをやっつけるために昔ながらの方法で“煮沸”することです。

煮沸消毒することで繊維の奥に潜んでいるニオイの元の菌を撃退します。

ただし、ちょっと面倒くさいですよね。しかも子どもがニオイを着けてくる服は大量だったりします。

もう少し簡単に落とす方法は、酸素系漂白剤を使って落とします。

酸性漂白剤は粉末のものと液体のものがありますが、洗浄力の高い粉末を使うようにしましょう。

これと40度以上のお湯で洗濯機を使って洗濯していきます。

もし、粉末の酸素系漂白剤とお湯を使って洗濯しても、おちない場合は酸素系漂白剤と重曹を溶かしたお湯に30分程度浸け置きしてから、お湯+酸素系漂白剤で洗濯してみてください。

重曹も水で溶かすと弱アルカリ性になってニオイをとってくれる作用があります。

これで、洗濯をした後はなるべく風通しのよいところで、生乾きにならないようにカラッと乾かせるようにしましょう。

生乾きにしてしまうとせっかくニオイを取ったのに、雑菌がまた繁殖してしまって臭くなってしまいます。

スポンサーリンク

子どもの服が臭いのはなぜ??

子どもは色んな汚れをつけてきますが、大抵の食べこぼしやその他の汚れは通常の洗濯で落ちます。

なのに、なぜ、ニオイが残ってしまうものがあるのでしょう?

小さい子どもの服は「汗くさっ!!」と思うことがよくありますよ。

大きくなると、外で活発に遊んだり、部活をしたりするようになり、どうしても汗のニオイが鼻につきます。

大人でも汗のニオイは、気になるニオイの一つなのではないでしょうか?でも、以外に、汗自体にニオイは、無いんですよ!

じゃあ、なぜ?
「汗臭い」っていうのでしょうか?

汗臭いそもそもの原因は、洗濯できちんと落ちなかった皮脂などが残った服を着て、その上から、また汗をかかくことで、服に残っていた皮脂に体温と汗が反応して雑菌が繁殖します。

これが汗臭い服のニオイの原因です。

特に、ポリエステルが素材の服だとニオイが取れにくいんです。ポリエステルは、綿に比べると吸水性や通気性が悪く、汗が蒸発しにくい生地だからです。

しかも、服の繊維の中でニオイが発生されて繊維にこびりつくので、服自体にニオイが残ってしまいます。

また、汗をかいた服をそのまま放置していると、どんどん菌は、繁殖していきます。

1日着た服をそのまま放置しておくと、菌がついた頃よりもその数は、100倍にもなるんです…!

3日も放置するとなんと雑巾と同じくらい雑菌が繁殖してしまいます。

1週間も経つと100億個以上にも雑菌は繁殖して、例えるなら排水溝と同じくらいになってしまうんです…!

そう聞くとゾッとしますよね。

これくらい菌が繁殖していたり、ましてや繊維の奥で菌が繁殖しているとなると、服にこびりついたニオイが取れないのも納得しますよね。

まとめ

せっかくかわいい子どもの服なの臭いニオイが、こびりついてしまっていては台無しですよね。

しっかり、ニオイを取っていくつになってもかわいい我が子を抱きしめてあげましょう!!

スポンサーリンク

-子育てと学校, 洗濯

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.