普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

暮らしと生活

フロントガラスにお湯は危険!ヒビを入れずに氷を溶かす方法

投稿日:

スポンサーリンク

寒い季節
冬の対策はみなさんどうしていますか?

私は北海道に住んでいるのですが、テレビのCMで、ストーブや冬タイヤ、除雪機のCMが始まると

冬の準備は早めに!という事なんです。

もし、寒い冬、急いで仕事に行きたいのに、もし車のフロントガラスが凍っていたらどうしますか?

氷を溶かすのはお湯と思いつく人が多いと思いますが、

お湯を準備する時間がない!とかフロントガラスにお湯をかけるのはちょっと怖い気がするという方に、

簡単にフロントガラスの凍結を溶かす方法があります。

・ フロントガラスにお湯は実は危険?
・ すぐに溶かす!魔法のスプレーの作り方!
について、ご紹介します。

フロントガラスにお湯、実は危険?!

もし、急いでる朝にフロントガラスが凍っていたら、お湯をかけるのは確かに有効かもしれません。

しかし、こんな場合もあります!

熱湯は絶対やめて!
熱湯をかけるのは大変危険な行為です。

フロントガラスが凍っている場合、当然車内も冷えています。

熱湯をかける事によって、フロントガラスと車内の急激な温度変化によって、割れてしまったり、ヒビが入ったりする可能性があります。

ヒビが入っているのに気付かずに、車を走行していて、突然 フロントガラスが割れてしまったという話が結構あるんです。

事故の原因にもなり兼ねませんし、それに思わぬ出費を招いてしまう可能性もあります。

ですので、
熱湯をかけるのは
絶対にやめてくださいね!

では、何度くらいのお湯なら大丈夫?
お湯をかけるのであれば、約30~40℃くらいのお茹でフロントガラスの氷を溶かすことができます。

ぬるま湯ですね!
台所や洗面所から出てくるくらいの
お湯の温度で十分溶かす事ができます。

スポンサーリンク

フロントガラスの氷を直ぐに溶かす魔法のスプレー!

仕事に行く朝って、
なんだか慌ただしいですよね。

さぁ仕事に行くか!と家を出て車を見たらフロントガラスが凍っていたら、どうしましょう?

そんな時にはこんな方法がありますよ!

魔法のスプレーの作り方
スプレーボトルに、
消毒用アルコールと水を2:1で混ぜるだけ!

消毒用アルコールがなければ
エタノールでもできます!

これだけで完了です!
あとは、フロントガラスに
シュシュっとかけて氷を溶かしましょう!

スプレーを作っておいて
車に常備させておけば、

いつでもどこでもフロントガラスが
凍った時に使えます。

フロントガラスの氷を溶かす方法

時間のある方はこんな方法も
・ フロントガラス凍結防止シート
寒い地域に住んでいる方や、あらかじめ、明日の朝は冷えるなと分かっている場合には、フロントガラス凍結防止シートが有効です。

夜のうちに車にカバーをかけておけば、朝は外すだけ!これですぐに仕事に行けますね!

・ 早めに車のエンジンをかける
出かける前に、早めにエンジンをかけて、車内を温めて氷を溶かす方法です。

これなら、車に乗るときも
車内が暖かくなっています。

気になるのは、ガソリンの消費やエンジンをかけるので、近所への騒音・排気です。

隣近所が少し遠いのであれば、いいかもしれませんが、近い場合は、気をつけたほうが
いいですね。

・ 解氷スプレー
あらかじめ、お店で解氷スプレーを買っておくと便利です。

シュッとスプレーをするだけで、氷を溶かす事ができます。これなら、手間もなくすぐに車を発進させる事ができますね!

スプレー缶タイプの商品は注意がも要です。

車内の暖房の熱で、スプレー缶が温まり爆発する危険もありますので、スプレー缶を保管する場所に気をつけるましょう。

まとめ

寒い季節はもうすぐやってきます。

冬になる前に、車の準備をしておくと、急いでる朝にフロントガラスが凍っても焦らずに済みます!

スプレーを作っておいたり、市販の解氷スプレーや凍結防止シートカバーを準備したりして冬に備えましょう!

スポンサーリンク

-, 暮らしと生活

Copyright© よかもん情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.