普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

暮らしと生活

フロントガラスが凍結した時に水やお湯より効果的な方法!

更新日:

スポンサーリンク

寒い冬の朝、さぁ仕事に行くぞ!という時にフロントガラスが凍結していたら困りますよね。

時間もないし、わざわざ家から水とかお湯を持ってきて氷を溶かすという作業は、朝から手間がかかってしまいます。

そんな時に効果的な方法は、水をかける?お湯をかける?一体何が効果的なのか紹介します

フロントガラスが凍結した時お湯をかけると破損の可能性も

まず、氷を溶かすには「お湯」と思いつきますが実はこれとても危険なんです。

冷え切ったガラスに急に熱いお湯をかけると、ガラスが膨張したり歪みが起こります。その際にガラスにヒビが入ったり破損してしまうことがあります。

車のフロントガラスは、事故などの際にガラスが飛び散らないように合わせガラスで作られています。

多少強度も強く作られていますが、氷が張っているガラスにお湯をいきなりかけるのは、ガラスが割れてしまうかもしれません。

もし、割れてしまったら修理費がかかってしまいますよ。

それならぬるま湯なら大丈夫?と思うでしょうが、その時はいいとしても、繰り返しお湯をかけていたらフロントガラスに負担がかかり、ある日突然割れてしまうという事もあり得る話であります。

フロントガラスにお湯をかけるのは危険なので、別の方法で氷を溶かしましょう。

スポンサーリンク

デフロスターと解氷スプレーを使おう

早めに車のエンジンをつけて、デフロスターをON!エアコンもON!

温度と風量もMAXにして車の中を温めましょう。そして、次に準備するのは解氷スプレーです。これは高くても1,300円ほどで買えます。

このスプレーをフロントガラスにかけて溶かします。ワイパーで氷が除去できたら完了です。

この方法であれば、早く車を発進することができますよ。

解氷スプレーは自分で作ることできる

家に解氷スプレーがない場合、簡単に代用のものを作ることができます。アルコールと水を3:1で混ぜるだけ!

なぜ溶けるのかというと、吹きかけるとアルコールが蒸発する時に発生する気化熱により氷が溶けるからなんです。

北海道に住んでいる私の場合

私は北海道に住んでいます。1年間の半分は寒いところですから朝はもちろん車を出すのも大変です。

今年の冬はマイナス26度まで下がりました。車を出すにも先に、雪かきをしなければなりませんけどね!

私がしてる方法は、まず車のエンジンをかけて車を温めます。デフロスターを使って、エアコンの温度も勢いもMAXにします。

車を温めている間に、車の上に積もった雪を払い落とします。積もっている時は、15cm程積もっている時もありますよ。

雪を払い落としたら、車に乗ってワイパーでフロントガラスをある程度氷を落とします。

後はスクレーパーで残っている氷の部分を
ガリガリ削り落としてます。

車に積もった雪を払い落としてる間に、時間がかかるので車内がかなり温められてるので最後にするスクレーパーは、そんなに時間をかけてガリガリはしません。

北海道は本当に寒いので、車にお湯をかけたらフロントガラスは多分、あまり宜しくないと思いますが破損してしまったらと考えるとお湯をかける勇気はありません・・。

フロントガラスの凍結を緩和する方法も?!

水滴がガラスについて凍ってしまっているのであれば、ガラスに水滴が付かないようにすればいい!ということで、裏技を紹介します。

天気のいい日にフロントガラスを綺麗に洗剤で洗って、その後に撥水剤を塗ると凍結を緩和することができます。

もし凍結してしまっても、スクレーパーで削り落とせば簡単に氷を落とすことができますよ。

いかがでしたか?フロントガラスが凍結してしまった場合の対処法をいくつか紹介いたしました。

解氷スプレーは、とても便利で車の中に入れておきたいですが暖房の熱や、夏の間スプレーを入れっぱなしにしておくと、高温になって缶が破裂してしまう危険があるので、車の中にスプレー缶がないか確認をしましょう!

スポンサーリンク

-暮らしと生活

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.