普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

美容と健康

疲れがとれない原因は 慢性疲労かも?

更新日:

スポンサーリンク

慢性疲労とは疲れが慢性化した状態です。

普通の疲労は、ゆっくり休めば回復しますが、
慢性疲労になると、数日休んでも中々良くなりません。
ずっと疲れが取れず、日常生活でも疲労感を伴います。

気を付けないといけないのは
慢性疲労も悪化すると治りづらくなり、
完治までに時間がかかってしまうことがあります。

疲れがとれない原因は、慢性疲労かもしれません。
しかし、ゆっくり休んでも中々回復しない場合は
違う病気が隠れている可能性もあるので
病院で診察を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク


慢性疲労の症状は?

・体がだるいなどの疲労感や倦怠感
・肩や首このり、手足のむくみ
・頭痛
・筋肉痛
・微熱
・のどの腫れ
・不眠
・意欲や集中力の低下
・免疫力の低下
・感情の起伏が激しくなる
・うつ
・不安
など
があるようです。

慢性疲労になると強い疲労感に襲われ
いつも体がだるく、すぐに疲れてしまいます。

仕事中に本来、するはずのないミスをしたり、
運転中の注意力が低下して
事故を起こしたりすことがあるかもしれません。

免疫力も低下して、
病気にかかる可能性も高くなります。

その上、体への影響だけではなく、
心にも影響を与え、感情の起伏が激しくなり、
うつ状態や不安な気持ちになる可能性もあります。。

このように慢性疲労になると
体と心の両方面に影響を与えてしまい、
日常生活に支障をきたす可能性があります。

慢性疲労であれば、
しっかり休養を取ることで回復することができます。
十分な睡眠と、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

慢性疲労を回復する食べ物は?

疲労回復にはにんにくがお勧めです。
にんにくの疲労回復効果の秘密は、ビタミンB1。

ビタミンB群はエネルギー代謝に必要な栄養素です。
不足するとエネルギーの代謝がうまくいかなくなり、
結果としてエネルギー不足に。

体を動かすエネルギーが足りなくなるので、
体が疲れてしまいます。

特に、ビタミンB1はエネルギー代謝に重要とされています。
でも、単体では吸収されにくく、アリシンを必要とします。

ニンニクは、刻んだりおろしたりすると、
このアリシンがたくさん出てきます。

にんにくはビタミンB1とアリシンを同時に摂れる、
疲労回復にはお勧めの食材です。

疲労回復には、にんにくだけよりも、
ビタミンB1を豊富に含む食材と組合せるとより効果が期待できます。

豚肉とにんにくの組み合わせは栄養面でも、
味の面でも最強のコンビです。

中華風の炒め物にしたり、肉におろしにんにくを塗ってから揚げたり、
アイデア次第で疲労回復レシピは無限大です。

慢性疲労?何科を受診すればいいのでしょうか?

しかし、慢性疲労も悪化すると治りづらくなり、
完治までに時間がかかってしまう場合があります。

ゆっくりと休んでもなかなか改善しない場合は
病院に行って治療を受けた方がいいでしょう。

慢性疲労かも?と思ったとき
何科を受診すればいいのでしょうか?

ベストは、慢性疲労外来科です。
慢性疲労外来科は慢性疲労を専門に扱っているため、
正確な診断や効果的な治療を受けることができます。

ただし、慢性疲労外来科を設けている病院は少ないので、
事前に問い合わせましょう。

近くに慢性疲労外来科がない場合は
心療内科や精神科を受診しましょう。

内科でもいいですが、
慢性疲労になると心にも影響を及ぼすので、
内科よりも心療内科や精神科の方がいいようです。

また、日本疲労学会に相談するのもひとつの方法です。
慢性疲労に詳しい病院を紹介してもらえるかもしれません。

慢性疲労は医師でも区別がつきにくいので、
できる限り専門医がいる病院を利用してください。

正確な診断を受けることができず、
いつまでも経っても改善できないことも多いようです。
そのような場合は一か所だけではなく、
他の病院でも検査を受けた方がいいでしょう。

まとめ

どんなに休んでも疲れが取れない場合、
慢性疲労に陥っている可能性があります。
念のために病院で診察を受けた方がいいでしょう。

慢性疲労のの状態が長く続き、
慢性疲労症候群になると治療が難しくなります。

ただの疲労だと甘く見ずに
何事も早期発見、早期治療が
慢性疲労を早く治すコツです。

スポンサーリンク

-美容と健康
-

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.