普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

料理、レシピ、食材 暮らしと生活

水が腐るとは?水道水とペットボトル(未開封・直飲み)の場合

投稿日:

スポンサーリンク

左側のコンテンツ40%

右側のコンテンツ60%

水は腐るのでしょうか。

ペットボトルには賞味期限が書いてあるし、
口を付けた水は早めに飲み切るのがいいと聞きます。

やはりいつか飲めなくなるのでしょうか?
なぜ、どれくらいの時間で、
水は腐ってしまうのでしょうか。

調べてみました。

水が腐るとは?

水は腐ります。

ただ 正確には、
水 (H2O)単体が腐ることはありません。
水に含まれる不純物のせいで腐り、
飲めなくなります。

不純物とは、
・細菌
・ミネラル
・塩類
・微生物などの残骸
・イオンなどを指します。

「水が腐る」とは、
これらの不純物の働きによって
水が変質(濁る・変色など)し、
悪臭が出て、飲めなくなることです。

悪臭のする水を飲むと、
当然お腹を壊します。
「水あたり」ですね。

ただ、無臭でも
食中毒菌などに汚染されていたら
「飲める水」ではなくなります。

ちなみに、不純物を含まない、
または、ほぼ含まない水のことを
「純水」といいます。

純水は、自然界には存在し得ない水なので、
人工的に作り出す必要があります。

不純物を取り除く方法によって、
精製水、脱イオン水、蒸留水などと
呼ばれます。

スポンサーリンク


水が腐るとき|水道水

水道水には
消毒のための塩素が含まれています。

水道水を汲み置きすると、
およそ3日で塩素の効果は消えて、
雑菌が繁殖しやすい環境になります。

浄水器で塩素を取り除いた水を放置すると、
さらに早く雑菌が増えてしまいます。

水を持ち歩く場合は、
浄水でないほうが安全だと言われます。

同じ理屈で、
煮沸した水も塩素が抜けているので
保存用には適しません。

雑菌が増えて飲めなくなる
(=腐る)までの時間は、
汲み置きした容器の状態や
保管の温度と環境によって大きく異なります。

細菌が繁殖しやすい温度は、20℃~40℃です。

清潔な容器に入れて
直射日光の当たらない涼しい場所、
つまり冷蔵庫に入れて保管するのが
最も長持ちさせる方法です。

飲用の目安としては、
汲み置きした水道水(浄水でない)は
常温で 3日、
冷蔵庫で 10日と考えましょう。

水が腐るとき|未開封ペットボトル

ペットボトルのミネラルウォーターには
賞味期限が書いてあります。
多くの商品は、
製造日から2年ほどに設定されています。

では2年を過ぎると、中の水はどうなるのか。

答えは、

「完全な密封では腐らない。」

ミネラルウォーターは殺菌してあるので、
密封状態で雑菌が侵入していない状態なら
飲めなくなることはありません。

ただし、容器を通して周囲の匂いがついて、
美味しくなくなることはあるそうです。

容器の劣化や損傷などにより、完全に密封できていないと、そこから空気が入ったり、雑菌などが繁殖したりして、中の水は飲めなくなってしまいます。

こうした可能性を考慮して
賞味期限が決められています。

ちなみに、賞味期限は
「品質が保たれる期間のおよそ7割」に設定されることが多いので、数カ月過ぎたところで、すぐに飲めなくなることはありません。

もっとも、1年以上過ぎていたり
容器が破損していたりする場合は、
飲み水ではなく、植物の水やりなど
別用途に回すのが賢明です。

<--Ads1-->

水が腐るとき|直飲みペットボトル

ペットボトルに、直接口を付けて水を飲んだときは、当然未開封ではないので、水が腐ってしまうことが考えられます。

容器の中では何が起きているのでしょうか。

それを知るために、「小型ペットボトル飲料を唾液および手指で汚染させた 時の細菌数の変化」について行われた細菌試験があります。

数種類のペットボトル飲料に、唾液や手指の雑菌に見立てた「汚染液」を入れ、時間の経過とともに細菌の数を調べたものです。

その結果、ミネラルウォーターのペットボトル内の細菌数は、汚染液 1ml添加直後ですでに「水質基準値」に近いことが分かりました。

水質基準値とは、法律で定められた飲料水の細菌数の基準のことで、「100 CFU/ml」と定められています。

CFU(シーエフユー)とは「コロニー形成単位」のことで、細菌数を表す単位として使われます。

水質基準では、飲用水の細菌は
「1ml中に100個以下」である必要があります。

細菌の種類・飲んだ人の状態&体質・飲んだ量などによって「お腹を壊す細菌数」は変わるため、試験では水質基準をもとに考察されています。

ミネラルウォーター開栓直後には
細菌は検出されていません。

15℃で保存した場合の試験結果は、
・汚染液添加直後  88 CFU/ml
・ 2 時間後    800 CFU/ml
・ 5 時間後   1,400 CFU/ml
・10 時間後   2,300 CFU/ml
・20 時間後   4,500 CFU/ml

36℃保存では,
・汚染液添加直後  84 CFU/ml
・ 2 時間後   4,100 CFU/ml
・ 5 時間後   7,000 CFU/ml
・10 時間後   7,100 CFU/ml
・20 時間後   5,800 CFU/ml

冷蔵庫保存の重要性が一目瞭然です。

ちなみに、大腸菌群の測定も行われています。
食品・食品添加物等規格基準では、
大腸菌は陰性(ゼロ)である必要があります。

計5回の試験のうち、
36℃保存でのみ2回検出されていて、
やはり時間の経過とともに増加しています。

この細菌試験で分かったことは、
一度口を付けたペットボトルのミネラルウォーターは、2時間後には水質基準に引っかかる状態になる、ということです。

まとめ

浄水・煮沸でない水道水の日持ちは
常温3日、冷蔵庫10日。

完全に密封された容器内では
水は腐らない。

ペットボトルを直飲みしたら
2時間で細菌数が9倍。

どんな水でも、とにかく冷蔵庫保存が最適。
そしてやはり、不安のある水は飲まないのが無難ですね。

スポンサーリンク

-料理、レシピ、食材, 暮らしと生活

Copyright© よかもん情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.