普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

美容

紫外線対策としての帽子で一番効果的な色や形は?

投稿日:

スポンサーリンク

夏に限らず、
人によっては一年中対策している 紫外線。

日焼け止めと同じく、
簡単にできる対策が 帽子です。

かぶっていればOK!と思いがちな帽子ですが、
どんな帽子を選ぶかは、けっこう重要です。

帽子を選ぶ際のポイントと、
紫外線対策のお役立ち情報をご紹介します。

紫外線をカットできる帽子の色は?

紫外線をもっとも多く遮断できるのは、
ご存知でしたか、黒なんです。

日傘も、もともとは黒が主流でした。
帽子も同じで、黒が一番有効です。

他には、紺や赤、青など、色の濃いものが、
通過してしまう
紫外線の割合=透過率が、低いそうです。

なので逆に一番透過率が高いのは、白です。

光を反射してくれそうなイメージがありますが、
それ以上に、紫外線が通過してしまうので、
UVカットの効果はあまり期待できません。

でも、白い日傘も売ってます。
それは、色による透過率の違いは、
UVカットの加工がされていない生地の話です。

UVカット加工されている商品なら、
色の違いはそれほど気にしなくても大丈夫です。

日傘の通販などで、
紫外線カット率が宣伝されていることがあります。
大抵は黒のほうがわずかに高いくらいで、
白でも十分なカット率を誇っていることが多いです。

帽子にUVカット加工がしてあるかどうかは、
購入するときに表示をよく確認しておきましょう。
タグを切ってしまったら、
見た目ではわからない場合も多いです。

スポンサーリンク


紫外線をカットできる帽子の形は?

形は、やはりツバの広い帽子が最適です。

かぶると顔はもちろん首やデコルテまで日陰になり、
後ろは、うなじまでカバーしてくれるような形が
理想ですね。

具体的には、ツバが 7cmあると、
約 7割の紫外線をカットできるそうです。

そうなると、
キャップやサンバイザーは適しません。

夏の風物詩でもある麦わら帽子も、
紫外線対策から見ると避けたほうがよいでしょう。

やはり、光を通しにくい目地の詰まった帽子のほうが、
紫外線カットの効果が高いです。

紫外線対策に役立つグッズ

紫外線対策を最優先で考えるなら、
選ぶべき帽子は、
黒で、通気性のないもの。

冬はいいけど、夏はツライですよね。
春先にかぶるデザインでもない気がします。

そこで見つけたのが、
洗濯した衣類がUVカット加工される洗剤。

・ファーファ UVカット洗剤
ふつうの洗濯用洗剤と使い方は同じですが、
洗濯するたびに紫外線カット率が上がるそうで、
何と最大で 97%にもなります。

洗濯できる帽子に限られますが、
UVカット効果を後付けできるなら
好きな色を選ぶことができますね。

理屈としては、
日焼け止めなどに含まれる
紫外線吸収剤を衣類に付着させて、紫外線を吸収、
熱エネルギーに変換して放出する、
というものらしいです。

子供にも安心!と表示がありますが、
子供用の日焼け止めには、
基本、紫外線吸収剤は含まれていません。

気になるなら、
幼い子供の衣類や敏感肌の場合、
使い過ぎに注意です。

手持ちの帽子は、洗濯なんかできない……。
ということなら、UVカットのスプレーを
帽子に吹き付けるという方法もありますよ。

まずは目立たない場所で試して、
変色などがないことを確認してから、
全体にスプレーしてくださいね。

まとめ

紫外線対策に有効な帽子は、
黒でツバ広で目地の詰まったもの。

UVカット加工済みの帽子なら、
色はなんでも大丈夫。

ただし注意点として、
紫外線は太陽光とともに頭上だけから
降り注いでいるわけではなく、
目には見えず、大気中を乱反射しているので、
帽子だけで完全に遮断するのは不可能です。

日焼け止めや首にストールなど、
他の紫外線対策と併用して、肌や髪を守りましょう。

スポンサーリンク

-美容
-,

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.