普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

料理、レシピ、食材

エキストラバージンオイルとバージンオイルの違い│偽物って?

投稿日:

スポンサーリンク

オリーブオイルを買おうとして、どれがいいかな?と何気なくネットで調べてみると、なぜか「本物」「偽物」なんて文字が飛び交っています。

「偽物」ってどういうことでしょう?

オリーブオイルには、サラダ油にはない、何かがあるようです。等級とか、酸度とか……??

詳しい分類と、日本で流通しているオリーブオイルについて、まとめました。ぜひ参考にしてください。

エキストラバージンオイルとバージンオイルの違いとは?

オリーブオイルは2種類に分けられます。

オリーブの実を搾ってとる
「バージンオリーブオイル」と、
搾りかすからさらにとる
「オリーブポマースオイル」です。

さらに、バージンオリーブオイルは
そのまま食用に適する
・エキストラバージンオリーブオイル
 (酸度0.8%以下)
・バージンオリーブオイル
 (酸度2.0%以下)
・オーディナリーバージンオリーブオイル
 (酸度3.3%以下)
 
食用には適さないため
精製されるか、工業用として用いられる
・ランパンテバージンオリーブオイル
 (酸度3.3%超)
 。
の4つの等級に分けられます。

酸度=劣化の度合と考えてOKです。

オリーブは摘み取った瞬間から酸化が始まるため、収穫から搾る作業までをスピーディに行わないと、酸度の低い(=高品質)のオイルができません。

また、各工程における温度管理などでも、品質は大きく左右されます。

国際オリーブ協会(International Olive Council)が定義するオイルの等級は、酸度などの数字のほか、鑑定士が行う官能検査(味、匂い、色など)によって決められます。

本来、バージンオリーブオイルの中で、
これらの基準をすべてパスした最高品質のオイルだけが、「エキストラバージンオリーブオイル」と呼ばれます。

スポンサーリンク


何故?日本には偽物のエキストラバージンオリーブオイルが多いのか

世界中の多くの国々ではIOC(国際オリーブ協会)に加盟し、IOCの基準でオリーブオイルを分類・流通させています。

しかし、日本国内でオリーブオイルは、JAS規格に沿って販売されており、食用オリーブ油(オリーブの果肉から採取した油であつて、食用に適するよう処理したも。原材料にオリーブ油以外のものを使用していないこと。
添加物を使用していないこと等。)の規格にはオリーブ油と精製オリーブ油の2つの区分しかありません。

日本ではオリーブの果実を絞ってろ過したものを「エキストラバージンオリーブオイル」、精製してオリーブ油バージンオイルを混ぜたり味や香りをつけたりしたものを「ピュアオイル」という名称で販売されているようです。

JAS規格では、オリーブ油の基準の酸価は、 2.0%(≒酸度1.006%以下)以下とされています。

しかし、IOC(国際オリーブ協会)基準では、
酸度が約 1%以下だと
・エキストラバージンオリーブオイル
・ピュアオリーブオイル
・オリーブポマースオイル
この3種類もあてはまり、JAS規格より細かく分類されています。

ただ、「オリーブポマースオイル」には、
世界基準で「ポマース」の表記義務があります。日本に流通しているものは、ほぼ輸入品なので、ポマースオイルだけは見分けがつきやすいでしょう。

「日本には偽物のエキストラバージンオリーブオイルが多い」という話は、こうした基準の違いのせいなのです。

世界基準の「エキストラバージンオリーブオイル」が欲しければ、ラベルではなく、酸度0.8%以下の表示を探しましょう。

また、あまりにも安いものは
本物の可能性は低いようです。

(記事中広告を挿入したい場合)

ピュアオリーブオイルとは?

バージンオリーブオイルのほかに、「ピュアオリーブオイル」というものも市販されています。

これはバージンオリーブオイルを精製して作られたオイルです。

精製とはオイルに様々な処理をして脱臭や脱色をすることです。酸度も下げることができます。一方で栄養価も下がります。

精製しただけの状態を「精製オリーブオイル」(酸度0.3%未満)、そこへさらに風味付けした状態を「ピュアオリーブオイル」、または「オリーブオイル」(酸度1%未満)と呼びます。

「精製オリーブオイル」は無味無臭なので、
バージンオリーブオイルを混ぜて風味を足すのです。このとき、最下級の「ランパンテバージンオリーブオイル」は使われません。

オリーブポマースオイルとは?

妙に安い、「オリーブポマースオイル」も売っています。先述の、搾りかすからとったオイルですね。

搾りかすからとったままの状態を「未精製のオリーブポマースオイル」と呼び、食用にはできません。

しかし、これを精製すると、無味無臭の「精製オリーブポマースオイル」(酸度0.3%未満)になり、バージンオリーブオイル(ランパンテ以外)をブレンドすると「オリーブポマースオイル」(酸度1%未満)になります。

市販されているのはこの、バージンオリーブオイルと混ぜられた「オリーブポマースオイル」です。

まとめ

オリーブの実を搾ったバージンオリーブオイルの中で、最高品質なのが「エキストラバージンオリーブオイル」。

バージンオリーブオイルを精製して風味付けしたものが「ピュアオイル」。

搾りかすからとって風味付けしたものが「オリーブポマースオイル」。

肌に直接つけたりして美容に使うなら、やはり本物の「エキストラバージンオリーブオイル」が無難です。

基準やら偽物やら言われがちですが、もちろんどれも食用のオイルなので、それなりに使えますよ。

スポンサーリンク

-料理、レシピ、食材

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.