普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

ベビー

離乳食でうどんを初めて食べさせるのはいつ?注意点は?

更新日:

スポンサーリンク

離乳食の本などを見ているとうどんを使った
メニューなどが出て来ますよね。

せっかく離乳食の本にも出てくるし、色々な食材にチャレンジするための離乳食なので、食べさせてみたい気もするけど…。

やっぱり初めての食材は不安ですよね。離乳食でのうどんについて紹介していきますね。

離乳食でうどんっていつから食べさせてもいいの?

離乳食を始めるのはだいたいの子が、5〜6ヶ月くらいからの子が多いですね。

そんな中で、うどんを食べさせても良いとされているのは、離乳食を初めて2ヶ月目くらいの最後6ヶ月からとされています。

(離乳食を始める時期を遅らせてる赤ちゃんは、初めてから2ヶ月目です。)

日本での離乳食の始めのごっくん期は、大体お米から始めますね。

お粥をさらにすり潰して裏ごしたものを食べさせることで母乳やミルク以外のものを飲み込む練習をさせます。

お米やクセのない野菜などに少しずつ慣れて来たらうどんに挑戦してみましょう。

ただ、うどんだったらなんでもいいというわけではありません。大人が何気なく食べているうどんには、塩分が含まれていることが多いです。

離乳食初期のごっくん期はまだまだ塩味の付いたものは与えません。

塩分が含まれていなくて、赤ちゃんが食べやすい短さになっている乾麺や、『食塩不使用』と書いてあるうどんを使うようにすると安心です。

大人と同じうどんを使う時には、よーく柔らかく茹でた後にさらに、水洗いすると塩気が抜けてくれます。

初めてのうどんの時は柔らかく茹でたあとは
ペースト状にしてあげましょう。

段々と月齢が上がってきてモグモグ期に入ってきたら豆腐くらいの舌で潰せるくらいの固さを目安に、5ミリくらいの短さにしてあげましょう。

カミカミ期になってくるとお豆腐よりも固めのバナナくらいの固さで1〜2センチくらいの短さにして噛めるようにしてあげるといいですね。

パクパク期になってくると肉団子くらいの歯茎で噛めるくらいの固さを目安にして長さは5〜7センチくらいの長さになっていても大丈夫です。

長すぎてちゅるんとすすれないと食べにくいので長すぎず短すぎずといったところです。

スポンサーリンク

離乳食でうどんって何時から食べさせてもいいの?

離乳食を始めるのはだいたいの子が5〜6ヶ月くらいからの子が多いようです。

そんな中でうどんを食べさせても良いとされているのは、離乳食を初めて2ヶ月目くらい
最後6ヶ月からとされています。

(離乳食を始める時期を遅らせてる赤ちゃんは、初めてから2ヶ月目くらいです。)

日本での離乳食の始めのごっくん期は、
大体、お米から始めますね。

お粥をさらにすり潰して裏ごしたものを食べさせることで、母乳やミルク以外のものを飲み込む練習をさせます。

お米やクセのない野菜などに少しずつ慣れて来たらうどんに挑戦してみましょう。

でも、うどんであれば、何でもいいというわけではありません。

私たち大人が何気なく食べているうどんには、塩分が含まれていることが多いです。

離乳食初期のごっくん期はまだまだ塩味の
ついたものは与えません。

塩分が含まれていなくて赤ちゃんが食べやすい短さになっている乾麺や、「食塩不使用」と書いてあるうどんを使えばと安心です。

大人と同じうどんを使う時には、よーく柔らかく茹でた後にさらに水洗いすると塩気が抜けてくれます。

初めてのうどんのときは柔らかく茹でたあとはペースト状にしてあげましょう。

そしてだんだんと月齢が上がってきて、モグモグ期に入ってきたら豆腐くらいの舌で潰せるくらいの固さを目安に5ミリくらいの短さにしてあげましょう。

カミカミ期になってくるとお豆腐よりも固めのバナナくらいの固さで1〜2センチくらいの短さにして噛めるようにしてあげるといいですね。

パクパク期になってくると肉団子くらいの歯茎で噛めるくらいの固さを目安にして長さは5〜7センチくらいの長さになっていても大丈夫です。

長すぎてちゅるんとすすれないと食べにくいので長すぎず短すぎずといったところですね。

初めて食べるときの注意点は?

初めてうどんを食べるときに、注意しなければいけないのが「アレルギー反応がないか?どうか?」というところに注意しましょう。

うどんはアレルギー反応が出やすい食材トップ5に入っている小麦で出来ているため、初めて与える時には注意が必要になります。

どんなことに注意するかというと
与え始めは、小さじ1程度と少量をあげるようにしてください。

そしてアレルギー反応が出てしまう場合も考えて、離乳食の時間を病院にすぐ行けるような時間にすることです。

また、他の食材と一緒に与えるときはうどん以外の食材は、アレルギー反応がないと分かっている与えたことのある食材をあげるようにしましょう。

うどん以外の食材も初めてのものを与えてしまうと、アレルギー反応が出た時にどの食材からでたアレルギー反応なのか?わからなくなってしまいます。

どの食材の場合も初めてあげる食材は、一つまでとして与え始めましょう。

アレルギー物質で注意したいことがもう一つ、原材料名のところに記載されている"コンタミ"という表示。

コンタミとは"コンタミネーション"の通称で、その食品自体の原材料としては使われてるいないものの、

同じ工場の同じ製造ラインでアレルギー物質の何かが使われているので、微量の粉末等が混入しているかもしれないという意味のアレルギー表示の一つです。

うどんの場合だと同じ工場で作られていることが多いのが蕎麦です。

蕎麦もアレルギーの子は重度の反応が出てしまう食材なのでうどんの製造過程で微量でも蕎麦粉が入っていれば症状が出てしまう場合もあります。

うどんを食べさせるときの原材料名の表示は
きちんと確認してから与えるようにしましょう。

まとめ

お米以外の炭水化物、「主食」として準備もしやすくあげやすい食材なので早めに取り入れる方も多いのではないでしょうか。

注意点などを抑えて出汁などと合わせて美味しく食べられるようにしてあげましょうね。

スポンサーリンク

-ベビー
-

Copyright© よかもん情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.