当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

おうちカレーをより美味しくする秘訣│ カレーの具材を炒める順番とタイミング

家庭のキッチンでよく作られる一品といえば、カレーが挙げられます。

一見シンプルに見えますが、実は材料を炒める順番にコツがあります。カレーの具材を炒める順番に気をつけることで、カレーの風味が大きく改善されます。

ここで、その手順を詳しくご紹介します。

カレーの材料を炒める際の順番って、どういうものでしょうか?

カレーというと、手軽さや家族に喜ばれること、翌日にも美味しく食べられる点が魅力的です。

基本的には材料を切って炒めて、煮込むだけ。カレールウでの味付けも簡単です。

私自身も忙しい時によくカレーを作りますが、さらに美味しくする小技があります。

それはカレーの材料を炒める順番とそのタイミングにあります。

カレーの材料を炒める順番とタイミング

材料を全部一緒に炒めればいいと思うかもしれませんが、実は順番を守ることで味が良くなります。

1. 油を温める

最初に鍋に油を入れて温めます。

2. 肉を炒める

次に肉を炒めます。牛肉、豚肉、鶏肉など、どんな肉でも最初に炒めます。表面が茶色になるまで炒めても、中は完全に火が通っていなくても大丈夫です。煮込むことで中まで火が通ります。

3. 玉ねぎを炒める

肉を炒めた後は野菜を炒めますが、最初に玉ねぎを加えます。炒めれば炒めるほど甘みが増します。

4. にんじんを炒める

続いて、玉ねぎが入った鍋ににんじんを加えます。油が全体になじめばOKです。

5. じゃがいもを炒める

最後にじゃがいもを加えます。こちらも油が全体になじめば十分です。

これで炒め作業は終了、あとは煮込むだけです。

他の野菜についても、なすは玉ねぎと同じタイミングで加え、かぼちゃやさつまいもなど煮崩れしやすい野菜は別途調理します。

何故?この順番にカレーの材料を炒めるのか

最初に肉を炒めるのは、その脂で他の材料の風味を高めるためです。肉は炒め過ぎると固くなるので注意が必要です。

玉ねぎは肉の脂を吸収し、カレーに甘みと旨味を加えます。じゃがいもは煮崩れしやすいため、最後に加えることが大切です。

このような細かい工夫をすることで、カレーの味が格段に良くなります。次にカレーを作る時は、この順番で材料を炒めてみてください。

きっと、これまでのカレーよりも美味しくなることでしょう。

家庭でのカレー調理の秘訣:おいしいカレーの基本レシピと作り方

日本の家庭料理の中でも特に人気のある一品、カレー。

簡単に作れるイメージがありますが、今回はカレーをもっとおいしく作るための基本的なレシピとコツをご紹介します。

これらのテクニックを使って、見た目にも美味しいカレーを作ってみましょう。

カレーに必要な材料

・カレールウ
・お好きな肉(牛肉、豚肉、鶏肉、挽き肉など)
・玉ねぎ
・にんじん
・じゃがいも
・サラダ油
・水

カレーの作り方

基本的なカレーの作り方は以下の通りです。

1. フライパンにサラダ油とみじん切りのにんにくを入れ、弱火で香りが出るまで炒めます。

2. 香りが出たら、一口サイズに切った肉を加え、ほぼ火が通るまで炒めます。

3. 肉が焼けたら、一旦取り出します。

4. 同じフライパンに薄切りの玉ねぎを入れ、飴色になるまでじっくり炒めます。

5. その後、一口サイズに切ったにんじんを加え、軽く焼き色がつくまで炒めます。

6. さらに、小さく切ったじゃがいもを加え、1~2分炒めます。

7. 水をカレールウの箱に記載されている分量で加え、具材が柔らかくなるまで約20分間中火で煮込みます。

8. 煮込んだ後、火を止めてカレールウを加え、よくかき混ぜて溶かします。

9. 最後に、再度火にかけて5分ほど弱火で煮込み、とろみが出れば完成です。

肉や野菜を炒める時には、フッ素加工の厚手の鍋がおすすめです。これにより、焦げ付きを防ぎつつ、具材の風味をしっかりと引き出せます。

水を加えた後、沸騰させたらアクを取り、蓋をして中火で煮込みます。

カレールウの指定水量は、蓋を開けて蒸発することを想定しています。

蓋を閉じたまま煮込むと、水分が多くなりがちです。適度に蓋を開けて煮込むことで、とろみのあるカレーが完成します。

具材が煮えたら火を止め、ルウを入れる際に溶けにくければ細かく刻んでから加え、しっかり混ぜてください。

カレーの具材の炒め方で美味しさや出来栄えが変ります

具材の炒め順番や炒め時間、一度取り出すことによって、カレーの味わいや見た目が変わります。

それぞれの具材を適切に炒めることで、より美味しいカレーが作れます。