普段の疑問???を解決。生活を豊かにするブログ

よかもん情報局

雑学・知恵

英検とTOEIC(トーイック) 受けるならどっち?履歴書に書く目安は

投稿日:

スポンサーリンク

英語検定とTOEIC(トーイック)。

どちらも日本生まれの英語テストですが、なにがどう違うのでしょうか。受験料もかかるし、せっかく受ける試験をムダにはしたくない!

受ける前に、最低限の情報を仕入れて、
自分のレベルと目的に合わせて、受けるテストを選んでくださいね。

英検とTOEIC 受験するならどっち?

結論から言うと
学校の勉強や受験対策なら英検。
就職や昇進を目指すならTOEIC。

履歴書に書くならTOEICだと最低でも500点以上、英検も準1級以上なら就職・仕事で有利。これが一般的なようです。

英検の特徴と級の目安

私は中学や高校で強制的に受けさせられたため、英検=大学受験、というイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?

英検は、級によって難易度が変わります。受験資格は特にありません。どの級を受けるかは自由で、不合格になっても何度でも挑戦できます。

5 級  中学 初級程度
4 級  中学 中級程度

ここまでは筆記とリスニングです。スピーキングテストを別に受験することもできます。

3級からは筆記・リスニングに加え二次試験の面接があります。

3 級 中学卒業程度
(高校入試レベル)
準2級 高校中級程度
(大学入試・センター試験レベル)
2 級 高校卒業程度
(履歴書に書ける、海外留学レベル)
準1級 大学中級程度
(高い評価)
1 級 大学上級程度
(世界レベル、通訳ガイド試験で英語が免除)

レベル別のテストなので、
ポイントを絞って試験勉強ができます。

2級までは比較的合格しやすいとされ、準1級以上は設問に実践的な英作文が加わったり、面接でスピーチを求められたりと、かなりハイレベルになります。

学生でも社会人でも、まずは3級から始め、順に2級を目指すのが一般的です。

英語のさらなるスキルアップを目的とせず、
受験や履歴書のための資格取得と考えれば、
2級を取れば十分と言えます。

TOEICを受けたいなら、
英検2級を取ってから、とも言われます。

スポンサーリンク


TOEICの特徴とスコアの目安

就職活動や仕事のイメージが強いTOEIC。

英検と違いレベル別ではなく、
すべての受験者が同じ問題です。
英語初心者には難しいとされています。

合否はなくスコアが出るため、
自分の英語力を客観的に測ることができます。

文化の違いによって理解できない問題は出ないので、世界中で実施されているテストです。

実は、5種類のテストがありますが、一般的にTOEICと言えばTOEIC L&Rテストです。リスニングとリーディングですね。

10~990点のスコアが出ます。

「〇点以上なら就職・出世に有利!」というのは企業によって異なりますが、目安として、「企業が社員に期待するスコア」の平均は600点。「新入社員の平均スコア」は500点です。

履歴書でアピールできるのは、
最低でも500点以上です。

点数配分はリスニング495点、リーディング495点で、それぞれのスコアで大まかにレベル分けできます。

ざっくりと紹介します。

・リスニング

5 270 点 簡単な語彙なら理解できることもある
275 370 点 中級レベルの語彙なら理解できる
375 495 点 幅広い難しい語彙でも理解できる

・リーディング

5 220 点 簡単な語彙なら理解できる
22 320 点 中級レベルの語彙なら理解できることもある
325 420 点 中級レベルの語彙なら理解できる
425 495 点 幅広い難しい語彙でも理解できる

自分がどれくらいのスコアになりそうか、
予想できますか?

まとめ

テストの性質上、英検よりTOEICのほうが難しい。
英検も準1級以上は別物のように難易度が上がる。

受験や履歴書で評価されるのは
英検2級以上、TOEI C500点以上。

同じ英語のテストでも
テストの性格が全然ちがうので、
資格を取ってどうしたいのかによって、
どちらを選ぶべきかが変わってきます。

いろいろ調べてみると、
学校の勉強や受験対策なら英検。
就職や昇進を目指すならTOEIC。
英検も準1級以上なら就職・仕事で有利。
これが一般的なようでした。

資格云々よりもスキルアップが目的なら、
どちらも受ける、という選択肢もありますよ。

がんばってください!

スポンサーリンク

-雑学・知恵

Copyright© よかもん情報局 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.